畳の定期的なリフレッシュ





裏返し
表替え

新規畳床替えの採寸

畳の定期的なリフレッシュ


畳のリフレッシュには、(裏返し)と(表替え)と(新規畳床替え)の方法があります。

(裏返し)Q&Aへ

新畳を入れてから3年〜5年目頃、畳が日焼けなど、畳表面が毛羽立ち始めたら既存の畳表を裏返しにする作業です。

※畳縁も新しくなります。

(表替え)Q&Aへ

裏返しをした畳表が傷んできたら畳床をそのまま生かし新しい畳表に取り替える作業です。5年〜6年目頃が適当と考えます。

※畳縁も新しくなります。

(新規畳床替え)Q&Aへ

畳床も含めて全体を新品に取り替えることです。取り替える目安は適度な弾力性が無くなったり、凹凸が激しくなったり、大きな隙間が出来たら等々、新規畳床替えをして下さい。既存の畳床を処分してお部屋の採寸をします。

※畳縁も新しくなります。