畳の基本サイズは

          地方により様々




左京間 右関東間大きさの違い



手前(関東間)
奥(関西間)



畳の基本サイズは地方により様々



京間(きょうま)、本間(ほんま)、関西間(かんさいま)

1間が6尺3寸で、畳割りである。この結果、畳のサイズは3尺1寸5分×6尺3寸(955mm×1910mm×55mm)となる。主に近畿・中国・四国・九州と西日本の大部分で使用されている。

中京間(ちゅうきょうま)、三六間(さぶろくま)

1間が6尺で、畳割りである。この結果、畳のサイズは3尺×6尺(910mm×1820mm×55mm)のサイズとなる。主に愛知・岐阜県の中京地方や福島・山形・岩手の東北地方の一部、および北陸地方の一部と沖縄、奄美大島で使用されている。

江戸間(えどま)関東間(かんとうま)五八間(ごはちま)

1間が6尺で、柱割りである。この結果、八畳間の場合、畳のサイズはほぼ2尺9寸×5尺8寸(880mm×1760mm×60mm)のサイズとなる。関東、東北地方の一部、北海道と三重県伊勢地方の地域で使用されている。

団地間(だんちま)、公団サイズ(こうだん―)、五六間(ごろくま)

いろいろあるが、2尺8寸×5尺6寸(850mm×1700mm)のサイズが中心である。公団住宅、アパート、マンション等、共同住宅や高層住宅のほとんどで使用されている。